援交ラボ【出会い系の援交相場、募集掲示板について】

60代管理人による出会い系援助交際ガイドです。出会い系サイトで援交する際の相場、募集掲示板の利用方法について解説します。

初めて掲示板に投稿し初めて大学生を抱いた話

      2016/01/26

大学生の彼女と知り合ったのは、俺が出会い系サイトの掲示板に、初めて書き込んだのがきっかけだった。

いつもは、女性が書き込んでいる掲示板を見て相手を探すのだが、この時は良い相手が見つからなかったので、初めて書き込んでみたのである。

書き込んだ内容は「おじさんですが、明日土曜日の昼間会える人はいませんか、条件的にはイチゴでお願いします」というものだ。

最初から1万5千円は高いかと思ったが、確実にゲットするためにそうした。

土曜日なので、人妻さんは動けないだろうし反応は薄いかなと思っていたが、大学生という女性からメールが届いた。

「へ~・・おじさんでもいいんだ」と思ったし、大学生なら2万位出さないと会えないと思っていたので返信してみた。

彼女は大学の3年生で、住んでいる所は目と鼻の先だった。

1万5千円で本当に良いのか確認して、OKだったので会う事にしたが、本当のところは大学生を相手にするのは気が引けた。

今まで会った女性は、例え年齢的に20代と若くても人妻さんだったので、そう抵抗は無かったのだが、学生となるとちょっと考えてしまう。

「まあ~何でも経験だ」と、いいように解釈して約束したが、どんな娘が来るのか心配ではあった。

待合わせしたのは、職場から歩いてでも行ける所に有る、とある施設の駐車場。

早目に到着して待っていたら、黒いスカートを履いた娘が携帯を見ながら近づいて来て、車の窓をノックし助手席に乗り込んで来た。

見た目は確かに大学生という感じで、美人という訳ではなかったが、可愛らしい感じの娘だった。

本人いわく、指原莉乃に似ていると言われた事が有るとの事。

確かに目の感じは似ている気がしたが、指原の方がやっぱり可愛いと思った。

ホテルに着いたら、下着好きな俺は必ず下着姿を見せて貰っているのだが、彼女の黒いブラとショーツは少し不似合な気がした。

大学生の中には大人っぽい娘もいると思うが、彼女はまだあどけなさが残っていて、女の色気というものを感じさせるところが無かったので、普通に白い下着や花柄の下着等の方が良かったと思う。

それでも裸になって肌に触れたり、アソコを見たりしたら勃起するもので、可愛い顔でフェラして貰ったらそれなりに気持ち良かった。

おじさんにしてみれば、可愛くて食べてしまいたいと思う娘であったが、セックスの相手としては、物足りなさを感じるのは仕方ない事だろう。

その後も、「また会えませんか」とお誘いのメールが届いたが、遠慮することにした。

贅沢かな~俺って・・・。

 - 援助交際の体験談